DINER ( Web Magazine )

December 2017

青山パン祭りを運営するBread Lab。
朝にオススメのパンについて聞きました。

category / Interview
( 2015/09/28 )

Bread Lab

vol.1 / Bread Lab

遅刻をしながら走りかじるパン、ティファニーの前で食べるパン。何かが起こりそうな朝には、ひとかけらのパンが登場します。東京モーニングは、そんな「朝とパン」をテーマに、素敵な朝の過ごし方をお届けする全5回の連載。初回は、今年発足したチーム、Bread Labメンバーの入江さん、佐々木さん、多東さん、サポーターの勝部さんに「おすすめの朝パン」について教えていただきます。

Bread Lab

Bread Labについて

―はじめに、Bread Labについて教えてください。

入江さん 青山パン祭りを企画していたチームなのですが、数あるパンのイベントの中でも、顔が見えるチームで責任を持ってやっていこうと今年立ち上げました。パン祭りの企画だけではなく、もっとパンについて掘り下げて、生産者さん、パン職人さん、食べる人を、想いの部分でつなげる活動をしようということで、ライターやカメラマン含め、10人くらいのチームで活動を始めたばかりです。青山パン祭りやパンにまつわるイベントの企画運営のほか、ウェブサイトでの日常的な発信、10/24、25のパン祭りを挟んで書籍の出版も予定しています。これは今までに無いパンの本を作ろうということで取り組んでいます。

多東さん 私たち、毎日バッグにパンが入っています(笑)

ルヴァン併設のカフェ、ル・シァレルヴァン併設のカフェ、ル・シァレにてお話を聞きました

入江さん、勝部さん左からリーダーの入江さん、勝部さん

おすすめ朝のパン

―今回の連載は「朝のパン」がテーマなのですが、おすすめのパンの食べ方を教えてください。

入江さん 日本では、例えば出勤前の朝7時くらいに立ち寄ろうと思っても、イートインできるところは限られてしまいますね。おすすめなのは、都立大学のトシ オークデュパンや代官山のガーデンハウス クラフツ、代々木上原~幡ヶ谷のカタネベーカリー。カタネベーカリーさんはクロワッサンとカフェオレが楽しめます。そのほか焼きたてのバゲットやクロックムッシュ、クロックマダム、そしてサラダやオムレツなどもシンプルだけれどおいしい。価格も安いし、いつ行っても時間帯に合わせた楽しみ方ができるのでおすすめです。

多東さんと佐々木さん多東さんと佐々木さん

―海外のパン屋さんは、もっと早い時間からオープンしているのですか?

入江さん 早いですね。特にヨーロッパやアメリカではパンが主食なので、7時くらいからしっかり食べられるお店が多い。日本では、朝早くならテイクアウト、10時ころからのブランチであればイートインでも一気に幅が広がります。

佐々木さん ちょっとした非日常感を気軽に味わえるのは、やはりイートインならではですね。

入江さん 海外らしいという意味では、カタネベーカリーはパリのパン屋さんという感じ。雰囲気ではなく、日常になじむ感じがパリっぽいです。カフェも7時からオープンしていて、常連さんに愛されていて。

多東さん 一方で、代官山にあるガーデンハウス クラフツのペストリーはアメリカンですね。このお店も、朝8時から営業しています。

佐々木さん デリも、クスクスがあったり素材もビーツやハーブをたくさん使っていたりと、アメリカ寄りです。それから海外では、ファーマーズマーケットでもスーパーでも、パンはどっさりと山盛りに置いて売っているので、それを見るだけでも楽しい。目で見てはっとするような興奮があります。

入江さん 確かに海外では、山盛りに積んであるパンを対面販売で売るのが一般的ですね。日本のように、トングとトレーを持ってパンを買うことはありません。その方法は日本が発祥だと思います。最近、日本でも対面方式が増えているようですね。

チーズトーストのプレートチーズトーストのプレートを頂きながら

イートインとテイクアウト

―ほかにも朝におすすめのパン屋さんはありますか?

入江さん イートインでは無いのですが、大岡山のイトキトさんは、もともと料理人の方が始めたお店なので、サンドイッチがおいしいです。白金にあるマルイチベーグルのサンドもおいしい。

勝部さん 僕はちょうど今日の朝、マルイチベーグルさんのベーグルを食べてきました(笑)。冷凍しておいて、トーストしてもおいしいです。

多東さん 吉祥寺のダンディゾンなど、近くに公園のあるパンやさんも好きです。

佐々木さん 千鳥町駅のグルグルベーカリーもいいですし、豪徳寺のユヌクレは近くに緑道があって桜の時期も素敵です。

カンパーニュのフレンチトーストカンパーニュのフレンチトーストもおいしい

入江さん テイクアウトということであれば、カタネベーカリーさんは、イートインだけではなく近くのパドラーズコーヒーに持って行って食べることもできます。

多東さん 奥沢のオニバスコーヒーも、近くにあるクピドのパンを持って行って食べられる。大々的に言っているわけではないけれど、何となく了承が得られている感じです。クピドのパンとオニバスのコーヒーは、すごく合う。どこかで共通点がある気がします。同じ土地でやっているからか経営面なのか、作り手の気持ちなのか分からないけれど、私の感覚で言うと無駄が無くシンプル。お互いにそれを認めているから、自然とおいしくなるのかなって。

―パンと、それに合う飲み物を選ぶだけでも楽しい気分になりますね。

入江さん クロワッサンだったらコーヒーだなって思うし、サンドイッチだったらフレッシュジュース、クリームパンだったら牛乳。何か一つを選ぶだけでも変わるんじゃないかな。朝の一つから始めたら、今度はお昼。例えばカレーパンを選ぶなら辛口のジンジャエール、はたまたビールがいいとか。バゲットだったらチーズとワインと肉とがいいなって広がるかもしれません。昼も夜も、気分に合わせて選ぶことができるようになるのではないかと思います。それに、パンはまだテーブルの中で料理として楽しむよりも、菓子パンや総菜パンという単体で考えている人が多い。買ってきたパンは、そのままその日に食べるのが一番美味しいけれど、次の日にもどう美味しく食べるのかを考えて、ひと手間加える。食卓に並ぶ料理の一つとしてパンを楽しむ機会が、もっと増えればいいなと思います。

Bread Lab

―何だか、素敵な朝が迎えられそうです。

入江さん 朝ご飯を食べようと思って、急に1時間早く起きようとすると、ちょっと厳しい(笑)。パンと飲み物を選んで買って行くくらいなら、いつもより15分だけ早く起きれば会社のデスクで食べられる。そういうところから始めたら、意外と何かが変わるかもしれませんね。

Bread LabBread Lab 青山パン祭りの企画運営を中心に、イベント企画や出版などパンにまつわる活動を行うチーム。パンを深く掘り下げることで素材の生産者、作り手、パン好きの人をつなぐことを目的とする。
公式サイト
http://www.bread-lab.com/

『第7回青山パン祭り2015』

開催日 2015/10/24(土)、25(日)
時間  10時~17時
場所  Farmer’s Market @ UNU
    東京都 渋谷区渋谷区神宮前5–53–70

公式サイト(Facebook)
https://www.facebook.com/aoyamapanmatsuri

( about DINER )

「どこで、だれと、なにを食べようか?」

DINERは「食事の時間」をテーマにしたウェブマガジンです。2014年春、Food & Design Postというニュースサイトとしてスタート。2016年春のリニューアルを経て、現在は東京の飲食店取材を中心に活動しています。2017年春には、ノンアルコール飲料ブランド「SHE LAUGHS」も始めました。