DINER ( Web Magazine )

June 2017

カタネベーカリーで楽しむ、パリの朝食。
フランスのプチホテルのように過ごす朝

category / Interview
( 2015/10/08 )

カタネベーカリー

vol.3 / Katane Bakery

「朝とパン」をテーマに、素敵な朝の過ごし方をお届けしている特集「東京モーニング」。3回目は、代々木上原~幡ヶ谷の間に位置する、カタネベーカリーさんを訪れます。パン屋さんは朝の7時から、地下にあるカフェは7時30分からの営業。青山パン祭りの運営から生まれたチーム、Bread Labさんいわく「日常になじむ感じが、パリにあるパン屋さんのよう」というお店に伺いました。

カタネベーカリー

ベーカリーとカフェ

2002年、閑静な住宅街の一角にオープンしたカタネベーカリーさん。片根ご夫妻が経営するこのパン屋さんは、オープンから5年後の2007年、店舗の地下にカフェをオープン。町のパン屋さんとして地元の人に愛され続けているほか、週末には遠くからもファンが訪れる人気店です。

カタネベーカリー

カタネベーカリー

カタネベーカリー

階段を下りてカフェに入ると、7時半から朝食メニューを楽しめる、15席ほどのゆったりとした空間が広がります。白い木製テーブルにコンクリートの壁、棚に数冊並んだ本とさりげなく貼られたシャガールのポスター。テーブルの上には、小さな花がそっと置かれています。店主自ら近所の花屋で花を選び、帰り道に野に咲く草花を摘んで活けているそうですが、そんなシーンからも一つ一つを丁寧に組み立てていったお店のストーリーが感じられる場所です。

カタネカフェ

カタネカフェ

カタネカフェ

朝食メニューを出している理由に「フランスが好きで、そこにあるプチホテルの朝食のようなものを出したくて」と、教えてくれたのは店主の大輔さん。

「日本のホテルの朝ごはんは豪華ですが、フランスではクロワッサンとジャム、バゲット、コーヒーといったような組み合わせ。そんな感じが好きなんです」

年に一度、一か月のバカンスを取り、家族でフランスに向かう片根さん家族。フランスを好きになった理由を伺うと、「パン屋になったからということもありますし、もともとマヌーシュスウィングのようなフランスの民族音楽が好きだったということもあります」と教えてくれました。

バカンス中のフランスでは、家族で朝食を楽しんでいるそう。「僕たちはホテルではなく、アパートを借りて泊まります。南フランスの海に行って本を読んだり、家族でトランプをしたり。そして朝ご飯を作り、昼ご飯を作り、夜ご飯を作って(笑)」

気になる朝食は「パン屋でパンを買い、マルシェで野菜を買ってきます」とのこと。「コーヒーを淹れて、ヨーグルトとジャム、それから安くておいしいフルーツを食卓に並べる」そうです。そこには当たり前のようでいて、ただどうしようもなく憧れてしまう小さな家族の幸せがありました。

カタネカフェ

パリの朝食

一番人気はパリの朝食

そんなパリの暮らしを間接的に楽しめるのが、カフェの朝食メニュー。一番人気のメニューは「パリの朝食」だそうで、こちらはブリオッシュ、バゲット、クロワッサン、ノワゼット・エ・レザンなどパンの盛り合わせ。日替わりの小さなジュースと手づくりのフルーツジャムが添えてあります。

「パリではバゲットやカンパーニュを甘いものと一緒に食べますが、こちらのメニューの方が種類も豊富で少し豪華ですね(笑)」と、大輔さん。「日曜日の遅めの朝ごはんやお昼にも食べられるように」ということで、ボリュームもたっぷりなのが嬉しいです。

パリの朝食

トーストしたブリオッシュは温かくて、ほんのりと甘く。クロワッサンはさっくりと。続いてフルーツの味わいが楽しいノワゼット・エ・レザンに、モッチリとしたバゲット。一皿の中でも次々に変わる食感と味わいに、あっという間にすべてをたいらげてしまいました。ちなみにバゲットはおかわりもできます。

「自由に、気楽に使ってもらえればいいなと思っています。忙しい人は、コーヒーとトーストだけ。ゆっくりしたい人は、本を読んで過ごしても。朝の大事な時間なので、いい気分で一日をスタートしてもらえたらうれしいです」

カフェで満足した帰りには、一番人気というイングリッシュマフィンも包んでいただきました。北海道産小麦を使ったモチモチの生地に、香ばしいオーガニックのコーンミールをたっぷりとまぶしてあります。「焼いて半分に割ってハチミツをかけてもいいですし、モチモチしているのでサラダと一緒に食べてもおいしいですよ」とアドバイスをいただきながら、小さな朝食の幸せを胸に、お店を後にしました。

それでは、次回のパン屋さんもお楽しみに。

カタネベーカリー/カタネカフェ
東京都渋谷区西原1-7-5

営業時間 
ベーカリー 7:00~18:30
カフェ 7:30~18:00

公式サイト
https://www.facebook.com/kataneb

( about DINER )

「どこで、だれと、なにを食べようか?」

DINERは「食事の時間」をテーマにしたウェブマガジンです。2014年春、Food & Design Postというニュースサイトとしてスタート。2016年春のリニューアルを経て、現在は東京の飲食店取材を中心に活動しています。2017年春には、ノンアルコール飲料ブランド「SHE LAUGHS」も始めました。