DINER ( Web Magazine )

June 2017

なぜ今、これほどパンにパワーがあるのか!
第7回青山パン祭りフォトレポート

category / Report
( 2015/10/27 )

第7回 青山パン祭り

2015/10/24(土)、25(日)の2日間にわたり開催された、第7回青山パン祭り。1日50店舗以上のパン屋さんが集結した、大イベントに行ってきました。青山パン祭りを運営するBread Labさんとのコラボレーションで作った、限定パンセット企画「東京モーニング パンセット」の受け渡しをしながら、イベントを満喫してきましたので写真でお届けします。

Photo Report

第7回 青山パン祭り

まずはじめに、パンセットを購入してくださったみなさん、どうもありがとうございました。全員に1つずつ直接お渡ししましたが、もし喜んでいただけたようでしたら嬉しいです。東京の最先端を走るパン屋さんのパンを詰め合わせているので、ぜひゆっくり味わってみてください。そして、素敵な機会を与えてくれたBread Labのみなさんにもお礼を。ありがとうございました。

第7回 青山パン祭り

さて、会場の数時間前から行列ができ、多くの人でにぎわった秋のパン祭り。なかなか東京で買えないパン屋さんの前には、開場後すぐに長い列ができていました。狙いのパン屋さんを事前に調査している方が多いようです。たしかに調べないで訪れると、どのパンもおいしそうなので迷ってしまいます。

第7回 青山パン祭り

パン屋さんも、そんなお客さんの期待に応えようと頑張っていました。午前中に初回分が売切れてしまい、追加のパンを運んでいるお店もあったりして。会場は、そんな期待や努力で熱気ムンムンです。

第7回 青山パン祭り

「なぜ今、これほどパンにパワーがあるのか」と、特集『東京モーニング』の企画を詰めながら考えていたのですが、特集を終えてパン祭りに丸々2日間滞在して分かったこと。それは、「素敵な生き方をしているパン屋さんが多い」という確かな実感です。

第7回 青山パン祭り

祭りの熱気を感じながら、特集で「パン職人が素敵な理由」をタルイベーカリーさんに聞いたことを思い出します。その答えは、最先端のパン屋さんは必ず「お客様に気持ちが向いている」ということでした。誰かの喜ぶ顔を願う、そんな日常のクリエイティブが、現代の人々を夢中にさせるのかもしれません。

第7回 青山パン祭り

会場では、Bread Labがクラウドファンディングに挑戦している書籍『CRAFT BAKERIES』のブースも展開されていました。また、素敵なパン屋さんを教えてもらえる日を心待ちにして、本日のレポートを終えることにしましょう。

第7回 青山パン祭り


【Photo Report】
date.2015.10.24、25
第7回青山パン祭り@青山

公式サイト(Facebook)
https://www.facebook.com/aoyamapanmatsuri

( about DINER )

「どこで、だれと、なにを食べようか?」

DINERは「食事の時間」をテーマにしたウェブマガジンです。2014年春、Food & Design Postというニュースサイトとしてスタート。2016年春のリニューアルを経て、現在は東京の飲食店取材を中心に活動しています。2017年春には、ノンアルコール飲料ブランド「SHE LAUGHS」も始めました。