DINER ( Web Magazine )

December 2017

まもなく訪れる小さな楽しみのために。
旬野菜でつくるピクルスとマリネの本

category / Books
( 2015/06/10 )

01

夏の到来とともに、例えば青々とした梅を「漬けてみました!」という投稿をSNSでよく見かけるようになりました。漬けたり、保存したり。まもなく訪れる小さな楽しみのために「準備する」という行為は、とても楽しい作業です。本日は、「そろそろ、私も何か準備をしはじめなきゃ」なんて、考えている方におすすめの書籍『ピクルス&マリネ サラダみたいに作る、楽しむ』をご紹介します。

02

著者は、自然栽培/有機栽培の旬野菜を中心に、化学調味料を一切使わないケータリングで知られるユニット「MOMOE」を主催する稲垣晴代さん。ピクルス液やマリネ液の基本から、食卓のメインにもなるプレートメニューまで、ピクルスとマリネをテーマに多彩な料理のアイディアをまとめたレシピ本に仕上がっています。

03

04

春夏秋冬と、季節ごとに旬の食材を丁寧にセレクトしている点も、おすすめポイント。春は、セロリのレモンマリネ。夏は、いんげんのピクルス。秋は、ぶどうと赤玉ねぎのピクルス。冬は、あやめ雪かぶと干し柿の和風マリネなどと、持ち寄りパーティなどにも喜ばれそうな、ちょっとした驚きのある華やかなレシピがうれしいところ。マリネなら1時間から、ピクルスなら1日からと、すぐに食べごろになるのでフットワーク軽くいろいろなチャレンジができそうです。

05

06

透明の保存用瓶やシンプルなバットなど、マリネやピクルスによく似合う容器やお皿の提案もさまざまで、眺めているだけでも楽しい一冊です。何となく新しいことにチャレンジしたくなる初夏のレシピから、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?


『ピクルス&マリネ サラダみたいに作る、楽しむ』
出版社 グラフィック社
著者  MOMOE/稲垣晴代

Amazonで購入

( about DINER )

「どこで、だれと、なにを食べようか?」

DINERは「食事の時間」をテーマにしたウェブマガジンです。2014年春、Food & Design Postというニュースサイトとしてスタート。2016年春のリニューアルを経て、現在は東京の飲食店取材を中心に活動しています。2017年春には、ノンアルコール飲料ブランド「SHE LAUGHS」も始めました。