DINER ( Web Magazine )

September 2017

クリエイティブなお米農家、やまざきさん
『お米農家、お米道具』展に行ってきました

category / Event
( 2014/08/13 )

お米農家、お米道具

8/9(土)、10(日)にマーチエキュート神田万世橋で開催された『お米農家、お米道具』展。クリエイティブなお米農家、やまざきさんによる、お米と、お米に縁の深い道具を集めた展示会に、遊びに行かせていただきました。その内容を一部レポートします。

お米農家、お米道具

無農薬のお米を茨城県で育てているやまざきさん。家族で取り組む真摯なお米作りはもちろんのこと、暮らしに関するイベントやワークショップを開催するなど、クリエイティブに活躍する農家さんです。展示会には、そんなやまざきさんのお米と、やまざきさんが愛用する生活道具が並びました。

やまざきさんのコーン入りおむすびを試食でいただきながら、2ブースに続く展示をぐるり。ちょうど、WOODWORKさんによるまな板づくりのワークショップが開催されていました。長方形または正方形の木材を、一生懸命カンナで削る作業。道具を使って道具を作る、そんなみなさんの手元がたくましく新鮮に映ります。

お米農家、お米道具

ゆかい社中そらぐみ・司製樽によるおひつ、飯きりも発見。今ではあまり姿を見せなくなったおひつですが、美しくラウンドするそのフォルムは、そのまま食卓に載せても美しく、上質で華やかな空間を演出してくれそう。ちらし寿司や混ぜご飯を入れて、と素敵な想像が膨らみます。

そのほか、飯高幸作さんによる飯碗、やまざきさんご家族の一年を描いたkata kataさんによるランチョンマット、ご主人が愛用するサスペンダーも手掛けているJOURNEYさんの革製品など、やまざきさんの上質な暮らしを囲むアイテムがセレクトされていました。

お米農家、お米道具

最後に、やまざきさんご夫婦の写真をぱちり。その優しい笑顔に、お腹も心も満たされた編集部でした(中央のおむすび、右側がぽかんと空いているのは、1つおいしくいただいてしまったからです)。

お米農家、お米道具


お米農家 やまざき
http://www.okome-yamazaki.com/

( about DINER )

「どこで、だれと、なにを食べようか?」

DINERは「食事の時間」をテーマにしたウェブマガジンです。2014年春、Food & Design Postというニュースサイトとしてスタート。2016年春のリニューアルを経て、現在は東京の飲食店取材を中心に活動しています。2017年春には、ノンアルコール飲料ブランド「SHE LAUGHS」も始めました。