DINER ( Web Magazine )

December 2017

これから器のいろはを知りたい方にもおすすめ。
1000点もの作品が展示される『小嶋亜創 陶展』

category / Event
( 2014/12/12 )

小嶋亜創 陶展Photo:Toru Kometani

多彩な技法を自由に使いながら、日常をすっと美しく演出する器を生み出す作家、小嶋亜創さん。現在は長野県で「半陶半農」の生活を送りながらギャラリー、胡坐市(こざいち)を展開する小嶋さんの作品展『小嶋亜創 陶展』が、12/13(土)~26(金)までKaikai Kiki Galleryにて開催されます。

小嶋亜創 陶展

本展では、約1000点もの新作を展示。焼き物の歴史の上でも、最も原始的な技法という「焼締め(やきしめ)」、白泥を刷手で塗って模様を描く「刷毛目(はけめ)」。そのほか網目のような模様のある「三島手(みしまて)」や、鉄分を含む素材で絵付けをする「鉄絵(てつえ)」など、幅広い作風が堪能できます。小嶋さんファンの方はもちろんのこと、これから器のいろはを知りたい方にもうれしい内容ではないでしょうか。

小嶋亜創 陶展

朝は5時に起床し、農作物や動物の世話しながら作品を創るという小嶋さん。養蜂、養鶏、有機無農薬での自給自足と、標高800mという山岳地帯での生活は一見ストイックですが、過去のブログをのぞくと「好物はミスドのエンゼルクリーム」と親しみやすい言葉も。

「人が生きていくうえで最も直接的に必要な衣食住である、身の回りの道具、食べ物を作る事、住まいを作る事を中心に、身近に起こる美術を追いかけてみたい」という胡坐市を訪ねる事前準備として、企画展に出かけてみてはいかがでしょうか?


『小嶋亜創 陶展』

開催日 2014/12/13(土)~12/26(金)
時間  11:00~19:00 ※会期中無休
場所  Kaikai Kiki Gallery
    東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルB1

オープニングレセプション
2014/12/13(土)18:00~

トークイベント
2014/12/21(日)13:00~

公式サイト
http://gallery-kaikaikiki.com/

( about DINER )

「どこで、だれと、なにを食べようか?」

DINERは「食事の時間」をテーマにしたウェブマガジンです。2014年春、Food & Design Postというニュースサイトとしてスタート。2016年春のリニューアルを経て、現在は東京の飲食店取材を中心に活動しています。2017年春には、ノンアルコール飲料ブランド「SHE LAUGHS」も始めました。