DINER ( Web Magazine )

September 2017

江戸東京たてもの園で開催『はけのおいしい朝市』
満腹になったところで、シルクスクリーン体験!

category / Event
( 2014/04/05 )

はけのおいしい朝市

3/30(日)に、江戸東京たてもの園で開催された『はけのおいしい朝市』。レポートvol.1レポートvo.2でお腹を満たしたところで、会場の外や建物の中に並ぶ、アンティークショップや雑貨店を見に行くことにしました。

vol.1でお伝えしたように、今回のイベントは、普段は展示物として立ち並ぶ建造物に、本物のショップが出店するという大胆な試み。昭和3年に建てられたという化粧品店、村上精華堂の建物には、アロマグッズの手しごとやさんがオープン。アロマペンダントや、レトロな香水瓶が並ぶ様子は、まるでずっとこの建物にお店を構えていたかのようです。

はけのおいしい朝市

江戸時代末期から続いたという万徳旅館には、工芸品や雑貨を扱うお店が並びました。雨ということもあり、旅館の中は子供から大人まで、多くの人でにぎやかに活気づいていました。

はけのおいしい朝市

はけのおいしい朝市

そしてこちらはイラストレーター/シルクスクリーン版画作家のやまさき薫さんが行っていた、シルクスクリーン手刷り体験。レモン、アイス、パンなど、やまさきさんのイラストから好きなモチーフと色を選べます。編集部はパンをお願いしました。

はけのおいしい朝市

はけのおいしい朝市

無地のコットンバッグに版を刷って、かわいいパンのバッグが出来上がり。乾くのに十数分かかるということで、その間にまたおいしいアイテムを探しに出かけた編集部でした。

はけのおいしい朝市

『はけのおいしい朝市』は、毎月1回の開催です。おいしいごはんと雑貨好きにはたまらないこのイベント。次回はぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?

『はけのおいしい朝市』
http://hakeichi.exblog.jp/

いろいろアロマ 手しごとや
http://teshigotoya30.jugem.jp/

イラストレーター/シルクスクリーン版画作家
やまさき薫さん
http://www.gruescope.com/

( about DINER )

「どこで、だれと、なにを食べようか?」

DINERは「食事の時間」をテーマにしたウェブマガジンです。2014年春、Food & Design Postというニュースサイトとしてスタート。2016年春のリニューアルを経て、現在は東京の飲食店取材を中心に活動しています。2017年春には、ノンアルコール飲料ブランド「SHE LAUGHS」も始めました。