DINER ( Web Magazine )

August 2017

パクチーとモヒート好きに教えたい店。
下北沢ケージに併設するロンヴァクアン。

category / Shops
( 2017/04/19 )

ロンヴァクアン

全員に好かれるわけではないけれど、
刺さる人には、ぐっと刺さる。
そんな人やものに魅力を感じるのはなぜでしょう。

パクチーとモヒート。
この2つも、そんな魅力を放つ代表ではないでしょうか。
今日ご紹介するのは、パクチーとモヒート好きの人にだけ教えたいお店。
下北沢にある、ロンヴァクアンです。

ロンヴァクアンロンヴァクアン 2016年8月、下北沢南口の高架下にオープンした下北沢ケージに併設するアジア屋台酒場。ベトナム、タイ、中国、韓国などのアジア料理を親しみやすくアレンジ。60席ほどの店内に加えて、外のケージ内スペースに持ち込むこともできる。

ロンヴァクアン

ガラスに描かれたmotojimaさんのドローイング

ロンヴァクアンが併設する下北沢ケージは、
駅から徒歩2分、電車の高架下に作られたスペース。
フェンスで囲まれた、その名の通りケージのような空間で、
マーケットや映画上映会などのイベントが行われています。

ロンヴァクアン

その一角に佇むお店が、ロンヴァクアン。
ベトナム語で「鳥籠酒場」を意味するアジア屋台酒場です。
ケージ全体を含むデザインは、
東京R不動産を運営する株式会社スピーク

ネオンサイン下には、大胆なドローイングが描かれていて、
こちらは飲食店や店舗に描く女性アーティスト、
motojimaさんの作品だそうです。

ロンヴァクアン

オレンジ色の照明が落ち着く、アジア酒場

内装は、アジアの酒場をイメージしたカジュアルな雰囲気。
タイから輸入したシルバーのテーブルとプラスチックの椅子と、
明るさを抑えたオレンジ色の照明。
客席から続く厨房には活気があふれています。

厨房にいた店長の建部さんにおすすめを伺い、
パクチー山盛りの香菜サラダと、ベトナム風お好み焼きのバインセオ、
辛いソースとパクチーが乗った、よだれ鶏を注文しました。

そして、メニューを開いて目にとまったトムヤムクンモヒートも。
「え、トムヤムクンのモヒートですか!?」と、
注文を確認してくれていた建部さんに、思わず聞いてしまいました。

「はい、トムヤムクンに入っている具材を
日本人向けにアレンジしたモヒートです。
バイマックルというコブみかんの葉、
生の唐辛子とパクチー、レモングラス、しょうがが入っていて、
コリアンダーで香りづけをしたオピーアというジンを使っています」

ロンヴァクアン

パクチーと生唐辛子入りのトムヤムクンモヒート

さて、パクチーだらけの料理が運ばれてきました。
香菜サラダ、バインセオ、よだれ鶏もボリュームたっぷり。
野菜がたっぷりとれるのもうれしいです。
そして、トムヤムクンモヒートを。
何だかエキゾチックで少しスパイシーな、
ちょっといけない飲み物のように感じましたが、
勇気を出して、一口。

……。
お、おいしい!!!

わずかな酸味とピリッとくる刺激、
そしてパクチーのたまらない香りは、たしかにあのトムヤムクン。
でも、全体にすっきりとして飲みやすい。
トムヤムクンモヒートのほかにも、
パクチーモヒート、グレープフルーツとパクチーのモヒート、
ロンヴァクアンモヒートもあります。

「トムヤムクンモヒート、飲みにいかない?」
そう、エスニック好きの友達を誘いたくなる、
初めての味に出会った瞬間でした。

もちろん、自然派ワインなども置いてあるので、
モヒート好きでない人も誘えますが(笑)。

ロンヴァクアン

ロンヴァクアン

ロンヴァクアン


全員に好かれるわけではないけれど、
刺さる人には、ぐっと刺さることの魅力。
トムヤムクンモヒートに感激しながら、
あらためて考えてみました。

あぁ、全員が好きじゃないからいいんだなぁ。
「自分は、これが好きなんだ!」と一人で確認したり、
「何で分からないのさ!?」と笑いながら反発したり、
「あ、やっぱり分かってくれるよね」と共感したり。
違いの中にストーリーが生まれる魅力なのかもしれません。

パクチーたっぷりのトムヤムクンモヒート、
この魅力、分かってほしい!
ぜひ、ロンヴァクアンへ。

ロンヴァクアンロンヴァクアン

場所 東京都東京都世田谷区北沢2-6-2
京王井の頭線高架下
営業時間 17:00~24:00
※フード/ドリンク 23:30ラストオーダー
※外部客席のフード/ドリンク 22:30ラストオーダー
公式サイト http://s-cage.com/

( about DINER )

「どこで、だれと、なにを食べようか?」

DINERは「食事の時間」をテーマにしたウェブマガジンです。2014年春、Food & Design Postというニュースサイトとしてスタート。2016年春のリニューアルを経て、現在は東京の飲食店取材を中心に活動しています。2017年春には、ノンアルコール飲料ブランド「SHE LAUGHS」も始めました。